入門ガイダンス 経営情報システム(第2版)


入門ガイダンス 経営情報システム(第2版)

著者:古殿 幸雄…

よくまとめられています。大学の教科書にもってこいですね。広く浅くという感じ、2017年に第2版としてアップデイトされたようで、クラウド・IoT・ビッグデータ・AIなどが加えられるとともに、それぞれも見直されたようだと思われます。

「サーバ」の画像検索結果

内容紹介
コンピュータの誕生から,最新技術への対応,とりわけERPやSCM,クラウド,IoT,ビッグデータ,AIなども言及し,チェンジ・リーダに必須の知識を平易かつコンパクトに解説。

内容(「BOOK」データベースより)
コンピュータやネットワークの誕生から、最先端の経営手法や業務・システムの全体最適化・評価・改善まで、現代のビジネスマンや学生に必須の最新知識を網羅!

私もこの周辺分野にずっと携わっていますので、知識の確認にはいい素材でした。

ただ、「ユビキタス」って結構出てくるのですが、これはもう死語と化していますね。言わなくなりましたね。

Google トレンドで比較してみると、面白いですね。

「ユビキタス」なんてほとんど見られていないようです。

こういった教科書もしっかりタイムリーなアップデイトが必要だと思うと、先生方も大変です。

(気に入ったら投票をお願いします!)

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください