かくて行動経済学は生まれり


かくて行動経済学は生まれり

著者:マイケル ・ルイス…

ちょうどアスレチックスを低予算で優勝させたセイバーメトリクスのビリー・ビーンの話が別の本で出てきていたのですが、不思議な引き寄せで彼が主役の『マネー・ボール』の作者マイケル・ルイスの新作を読む機会を得ました。ただ、こちらはビリー・ビーンについてはあまり出てこず、セイバーメトリクスの元の考え方自体が行動経済学につながるという観点で行動経済学に関する著作といえる作品です。

かくて行動経済学は生まれり
著者:マイケル ・ルイス

「マネーボール」の画像検索結果

 

メディア掲載レビューほか
なぜ人は判断ミスをするのか 経済学に心理学を適用したときに生まれたもの著者は、先入観と勘、直観が全てだった野球界に初めて客観的なデータ分析を持ち込んで、弱小チームを常勝チームに変えたオークランド・アスレチックスのジェネラル・マネージャーの活躍を描いた『マネー・ボール』を書いたことで知られている。出版後、著者は経済学者と法学者から著者が取り上げたテーマは既に証明されているという指摘を受け、「わたしの本はそれまで誰も気づかなかったことを明らかにしたわけではなかった」ことを知る。それを契機に著者は二人のユダヤ人学者の存在を知ることになる。ダニエル・カーネマンとエイモス・トヴェルスキーである。二人は心理学の学者で、「判断ミスをする人間の頭の中で何が起こっているのか」と疑問を抱き、新しい理論を構築しようとした。伝統的な経済学が「合理的な人間」が「期待効用」を最大化する行動を取ると想定していることに疑問を呈し、「人が意思決定を行うときは効用を最大にするのではなく、後悔を最小にするものだ」と批判を展開。「経済モデルに心理学的洞察がないことに幻滅していた」二人は、心理学を経済学に適用する。それが「行動経済学」だ。行動経済学は今や経済学の中で地位を確保し、現実の経済・社会政策の決定に活用されるようになっている。ただ、本書は行動経済学の解説書ではない。本書の原著の副題「私たちの心を変えた友情」が示すように、二人の学者がどのように新しい理論を構築したのかだけでなく、二人の関係に焦点を当てたヒューマン・ドキュメントである。

二人は常に議論しながら、理論を構築していった。二人の関係は緊密で「二人だけの秘密クラブ」のようであった。「どちらかがアイデアを思いつくと、すぐさまもう一方に伝えた。そうすると不思議なことが起こる。二人の頭脳が一つになる」のである。

やがて二人が共同で行った研究はトヴェルスキー一人の業績のように扱われるようになる。カーネマンはトヴェルスキーの影の存在となり、「二人の間の格差」が露わになる。やがてカーネマンはトヴェルスキーを捨てる。そう決意した三日後にカーネマンはトヴェスキーがガンに侵され、余命六カ月だと知らされる。トヴェルスキーはカーネマンに「僕らは友達だ」と伝えた。

トヴェルスキーは一九九六年に死去。それから六年後の二〇〇二年にカーネマンはノーベル経済学賞を受賞する。著者は、最後にカーネマンはトヴェルスキーへの思いを胸にストックホルムへと向かったのだろうかと、優しく問いかける。

評者:中岡 望

(週刊文春 2017.08.10号掲載)

内容紹介
データ分析を武器に、貧乏球団を常勝軍団に作り変えた
オークランド・アスレチックスGMを描いた『マネー・ボール』は、
スポーツ界やビジネス界に「データ革命」を巻き起こした。

刊行後、同書には数多くの反響が寄せられたが、
その中である1つの批判的な書評が著者の目に止まった。

「専門家の判断がなぜ彼らの頭の中で歪められてしまうのか。
それは何年も前に2人の心理学者によって既に説明されている。
それをこの著者は知らないのか」

この指摘に衝撃を受けたマイケル・ルイスは、
その2人のユダヤ人心理学者、ダニエル・カーネマンと
エイモス・トヴェルスキーの足跡を追いはじめた――。

〈目次〉

■序 章 見落としていた物語
野球界にはびこるさまざまなバイアスと、それを逆手にとった貧乏球団のGMを描いた『マネー・ボール』。その刊行後、わたしはある批判的な書評を目にした。「著者は、野球選手の市場がなぜ非効率的なのか、もっと深い理由があることを知らないようだ」。その記事には2人の心理学者の名前が挙げられていた。

■第1章 専門家はなぜ判断を誤るのか?
あるNBAチームのGMは、スカウトの直感に不信感を抱いていた。彼らは自分にとって都合の良い証拠ばかりを集める「確証バイアス」に陥っていたのだ。
彼らの頭の中では、いったい何が起きているのか。それは、かつてダニエル・カーネマンとエイモス・トヴェルスキーが直面し、解き明かした問題だった。

■第2章 ダニエル・カーネマンは信用しない
ナチスからの過酷な逃亡生活を経たダニエルは、終戦後、独立戦争さなかのイスラエルに向かった。戦争中の体験から「人の頭の中」に強い興味を抱いた彼は、軍の心理学部隊に配属される。そこで課せられたのは、国家の軍事力を高めるべく、新人兵士の適性を正確に見抜く方法を作成せよという難問だった。

■第3章 エイモス・トヴェルスキーは発見する
高校卒業後、イスラエル軍の落下傘部隊に志願したエイモス。闘士として戦場を駆け回った彼は、創設直後のヘブライ大学心理学部に入学する。「CよりB、BよりAが好きな人は、必ずCよりAが好き」という人間像を前提とした既存の経済理論に疑問を持った彼は、刑務所の囚人を集めてある実験を行なった。

■第4章 無意識の世界を可視化する
人間の脳は無意識のうちにどんな働きをしているのか。その研究にとりかかったダニエルはやがて視覚に辿り着く。人の瞳孔は、好ましいものを見ると大きくなり、不快なものを見ると小さくなる。そしてその変化のスピードは、人が自分の好みを意識するより早かった。彼は、目から人の頭の中をのぞき始めた。

■第5章 直感は間違える
「人の直感は、統計的に正しい答えを導き出す」。長らく信じられてきたその通説を打ち破ったのは、ヘブライ大学で出会ったダニエルとエイモスの二人だった。たとえ統計学者でも、その直感に頼った判断はいとも簡単に間違うことを証明した二人の共同論文は、それまでの社会科学に反旗を翻すものだった。

■第6章 脳は記憶にだまされる
専門家の複雑な思考を解明するため、オレゴン研究所の心理学者たちは医師に簡単な質問をして、ごく単純なアルゴリズムを作成した。だが、手始めに作られたその「未完成のモデル」は、どの有能な医師よりも正確にがんの診断を下せる「最高の医師」になってしまった。いったいなぜそんなことが起きたのか?

■第7章 人はストーリーを求める
歴史研究家は偶然にすぎない出来事の数々に、辻褄のあった物語をあてはめてきた。それは、結果を知ってから過去が予測可能だったと思い込む「後知恵バイアス」のせいだ。スポーツの試合や選挙結果に対しても、人の脳は過去の事実を組み立て直し、それが当たり前だったかのような筋書きを勝手に作り出す。

■第8章 まず医療の現場が注目した
北米大陸では、自動車事故よりも多くの人が、医療事故で命を落としていた。医師の直感的な判断に大きな不信感が漂う中、医学界はダニエルとエイモスの研究に注目。医師の協力者を得た二人は、バイアスの研究を次々と医療に応用し始める。そしてダニエルは、患者の「苦痛の記憶の書き換え」に成功する。

■第9章 そして経済学も
「人は効用を最大にするように行動する」。この期待効用理論は、経済学の大前提として広く受け入れられてきた。だがそれでは、人が宝くじを買う理由すら説明できない。その矛盾に気づいたダニエルとエイモスは、心理学の知見から新たな理論を提唱する。その鍵となったのは、効用ではなく「後悔」だった。

■第10章 説明のしかたで選択は変わる
六百人中、二百人が助かる治療法と、四百人が死ぬ治療法。この二つの選択肢はまったく同じ意味であるにもかかわらず、人はその説明の違いに応じて異なる反応を見せる。ダニエルとエイモスが見つけたこの「プロスペクト理論」は、合理的な人間像を掲げてきた既存の経済学を、根底から揺るがすことになる。

■第11章 終わりの始まり
共同研究に対する賞賛は、エイモス一人に集中した。その状況に対し、徐々に妬ましさを感じ始めたダニエルは、エイモス抜きで新たな研究に取り掛かる。
人が「もう一つの現実」を想像するときのバイアスに注目したそのプロジェクトが進行するなか、十年間に及ぶ二人の友情の物語は終焉へと近づいていく。

■第12章 最後の共同研究
ダニエルとエイモスの格差は広がる一方だった。そんな中、かつての指導教官をはじめ、彼らの研究は各方面からの攻撃に曝される。その反撃のため二人は再び手を組むも、ダニエルはその途中でエイモスと縁を切る決意を固める。二人の関係が終わったその直後、エイモスは医師から余命六か月と宣告される。

■終 章 そして行動経済学は生まれた
脳には限界があり、人の注意力には穴がある。ダニエルとエイモスが切り拓いたその新たな人間像をもとに、「行動経済学」は生まれた。エイモスの死後、その権威となったダニエルは、ノーベル経済学賞の候補者に選ばれる。発表当日、一人連絡を待つダニエルの胸には、エイモスへのさまざまな思いがよぎる。

■解 説 「ポスト真実」のキメラ 月刊誌『FACTA』主筆 阿部重夫

手前の内容紹介にすっかり書かれているので、以下読んでもらうところは少ないと思いますが、気になってところを備忘録、再学習用として引用していきます。

高性能の計算機をかつてないほど安く入手できるようになり、データ分析の存在が知られるようになった。・・・それまでの社会通念が全く通用しない、混乱した業界で財を成した人物は、ほんのわずかでも情報戦で優位に立つことの価値をよく分かっていて、その優位を勝ち取るためにデータを使う、という考えをすんなりと受け入れる。しかしそこでもっと大きな問題が持ち上がる。なぜこれほど多くの知識が役に立たなくなっているのだろうか?それはスポーツ界だけでなく、社会全体について言える。なぜこれほど多くの業界が無秩序の近い状態に陥っているのだろうか?なぜ一からやり直さなければならないことが、これほどたくさんあるのだろうか?(pp.50-51)
意思決定を行うとき、人は類似性についても判断していて、現実世界にあるその対象と、頭の中の理想像を比較している。そしてそのような判断は、目につく特徴を数え上げることで行われる。そうした特徴の目につきやすさは、強調のしかたを変えることで操作できる。そのため、二つのものがどのくらい似ているかという感覚は操作が可能だ。・・・二つのものを比較する状況を変えるとき、人はある特徴を沈めて、別の特徴を無理にでも表面に上がらせる。・・・「類似性には二つの面がある。分類の由来となるものと、分類によって生じるものだ。それは対象を分類するときの基本であると同時に、任意で決めた分類法の影響も受ける」(pp.126-127)
不幸な人は違うことをしていたら幸せになったかもしれないと想像するが、幸せな人は不幸な状況を想像して思い悩んだりしない。人は後悔を避けようとするのと同じだけのエネルギーを、他の感情を避けるために使おうとしない。人が意思決定を行うときは効用を最大にするのではなく、後悔を最小にしようとするのだ。(p.297)
人が万が一の可能性をすべて、いまにも起こりそうなことのように扱う。不果実なことを目の前にして、人が実際にどんな行動をするか予測する理論を組み立てるには、人が実際に行っているように、可能性に感情という“重みを加える”必要があった。そうすると人が保険に入り、宝くじを買う理由を説明できるだけではなく、アレのパラドクスも説明できるのだ。(p.310)

最後に、また「マネーボール」がらみの話になってくるのかと思いきや、最後まで、ダニエル・カーネマンとエイモス・トヴェルスキーの話でした。

個人的には、やはり「マネーボール」と繋がって欲しかったんですけどね。

(気に入ったら投票をお願いします!)

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください