知的機動力の本質 – アメリカ海兵隊の組織論的研究

知的機動力の本質 - アメリカ海兵隊の組織論的研究

著者:野中 郁次郎…

アメリカ海兵隊・・・組織論を語るときに本当によくできてますね。でもリーダーシップも含めて考えるとそれを育成仕組みもあって、統率の仕組みもあるのでしょうね。でも企業とは大きく前提が違い、理念や、ミッションなどが何よりも明確というあたりです。そう考えると、やはり、まずは「そこ」なんだということなんでしょうけどね。

「アメリカ 海兵隊」の画像検索結果

内容紹介
最強の軍事組織アメリカ海兵隊に学ぶ、進化しつづける組織の秘訣とは。旧日本軍の敗因を分析したベストセラー『失敗の本質』(中公文庫)の姉妹篇。
著者からのメッセージ――「アメリカ海兵隊が体現している『知的機動力』こそが21世紀の『知識社会』でイノベーションによって知識と価値を創造し続ける組織に必須の能力だ、と私は信じている。
日本企業は、日本的組織の強みと弱みを自覚しながら、最強の軍事組織であるアメリカ海兵隊に学んで、21世紀の日本的経営を創り出してほしい」。内容(「BOOK」データベースより)
アメリカ的合理主義と日本的人間主義の融合。「最強の軍事組織」に学ぶ、進化しつづける組織の秘訣。21世紀の日本的経営を創り出す、旧日本軍の敗因を分析した『失敗の本質』(中公文庫)の姉妹篇。

改めて知ったのですが、アメリカ海兵隊(アメリカかいへいたい、英語: United States Marine Corps、略称:USMC)は、アメリカ合衆国の海兵隊とのことで、「陸海空軍の全機能を備え、アメリカ軍が参加する主な戦いには最初に、上陸・空挺作戦などの任務で前線に投入され、その自己完結性と高い機動性から脚光を浴びている緊急展開部隊」。ですので、陸軍、海軍、空軍とは一線を画する存在の部隊とのことです。

Continue reading “知的機動力の本質 – アメリカ海兵隊の組織論的研究” »