ビットコインは「金貨」になる

ビットコインは「金貨」になる 円崩壊に備える資産防衛策

ビットコインは「金貨」になる ー円崩壊に備える資産防衛策
著者:石角完爾

内容紹介
迫り来る国債暴落の日に備えよ!
これまで資産防衛策としてゴールドへの投資を挙げていた著者が、
ビットコインの優位性を解説。
果たしてビットコインは「ゴールド」になりえるのか?
日本国債の暴落を警告してきたユダヤ人の国際弁護士が明らかにする。【目次】

第1章 ● ビットコインの登場で世界が変わる
・デジタルマネーの時代からクリプト・カレンシーの時代へ
・ビットコインが不正を弾く理由
・根本的な質問、なぜ通貨は必要なのか
・世界がなぜニセ札を恐れるのか?
・経済学で、どんなときも不変なただひとつの原理
・世界の通貨は300年に一度の危機を迎えている
・ローマ帝国は、チープな「フィアット通貨」によって滅んでいる
・国は平気で紙幣を紙クズにする
・円があと100年持つか? 誰も保障はできない
・日本とアメリカの貧困化、原因は通貨にある
・ビットコインを「掘り出す」方法
・「マイニング・ビットコイン」はどうすればできるのか?
・「Distributed Ledger Technology」とは何か?
・データを「改変不能」で保存する英国の企業
・「分散登記システム」は、絶対に破られない!
・世界の金融市場の中心、ニューヨークの動き
・ついにイギリスで始まった金融改革、行政改革
・アメリカの企業地図がブロックチェーンで変わる!

第2章 ● 円も、ドルも、フィアット・カレンシーはかくも不安定なもの
・1942年、お札が突如、紙クズになった!
・戦争が起これば、お金はいくらでも無価値になる
・いま急速に進化し続けている「クリプト・カレンシー」
・通貨は一体、どのようにして生まれてきたのか?
・12世紀イギリスで生まれた原始ブロックチェーン
・かつて日本では、いくつもの通貨が流通していた
・自国通貨を持たないのに経済が安定しているのはパナマ
・江戸幕府の崩壊を招いた通貨政策の失敗
・日本の通貨のあまりにも不安定だった歴史
・1982年にバンクーバーで発行された「地域通貨」
・そして登場した「クリプト・カレンシー」

第3章 ● 今、世界が注目する「デジタル仮想通貨【クリプト・カレンシー】」
・「クリプト・カレンシー」とは何か?
・中国とアメリカのビットコインへの対応の違い
・投資家が今、もっとも注目している「ブロック・チェーン」技術
・なぜクリプト・カレンシーにニーズがあるのか?
・エムペサ(M-Pesa)
・アメリカ政府がブロックチェーン技術を研究している理由
・年金制度がブロックチェーンで変わる!
・ついに世界中の銀行が動き出した!
・真っ先にクリプト・カレンシーを導入した業界、国家

第4章 ● 「ニセ札と戦ってきた歴史」は終焉を迎える
・クリプト・カレンシーによって、偽造通貨が消滅する
・アメリカ経済を危惧させる「ニセ米ドル札」の問題
・ナチが作り上げた世界最高水準のニセ紙幣
・シークレット・サービスの取り締まるもの
・シークレット・サービスとビットコインの隠された関係

第5章 ● ビットコイン、その安全性に迫る!
・ビットコインの生みの親、謎のサトシ・ナカモトの正体は?
・ビットコインが広まるほど、得をする者は誰か?
・代表的な取引所「ビットスタンプ」と「ビットフィネックス」
・ビットコイン先進国・ルクセンブルクの可能性
・どこにビットコインを預ければ安心なのか?
・最も信頼性のあるビットコイン・ストレージとは?
・ビットコインの自動販売機のある国、スイスの現状
・イギリスではビットコインでコーヒーが普通になっている
・ロシアの起業家が作った「クリプトペイ・ミー」
・アメリカで注目される「ベンモ」とは?
・「ベンモ」はクレジットカードを払拭する
・大銀行が終結してつくった「ゼル」という送金システム
・アメリカで大注目! 「ビットペイ」と「コインベース」
・日本でも加速するブロックチェーンの波
・日本でビットコインに先鞭をつけた企業
・日本の金融業会は、世界についていけていない! !
・札幌はルクセンブルクやツークになれるか?

エピローグ ● 「サトシ・ナカモト」の正体
・ビットコインは「マグナ・カルタ」に匹敵する
・「サトシ・ナカモト」の正体と、その思惑
・国が管理する通貨には終焉の時期がくる

内容(「BOOK」データベースより)
日本円が信頼できるというのは幻想に過ぎない!ビットコイン決済が当たり前となったいま、いますぐ未来の変化に対応する術を身につけよ!

★読書前のaffirmation!
[きっかけ・経緯]
[目的・質問]
[分類] 338: 金融.銀行.信託

Continue reading “ビットコインは「金貨」になる” »