ビートルズの英語タイトルをめぐる213の冒険


ビートルズの英語タイトルをめぐる213の冒険 ~〈Please Please Me〉の本当の意味知っていますか?~

ビートルズの英語タイトルをめぐる213の冒険
~〈Please Please Me〉の本当の意味知っていますか?~
著者:長島 水際

内容紹介
ライフハッカー、ライブドアニュース、gooニュース、exciteニュース、
Yahoo!ネタりか、ニコニコニュース、msnニュース、NEWSPICKSにて紹介されました!

〈Love Me Do〉のdoって何?
〈ミザリー〉は女の子の名前じゃないって知ってた?
〈Hey Jude〉のJudeってだれのこと?
〈Yer Blues〉のyerって何?
ビートルズの曲名を解説した初めての本。
公式録音全213曲について、使われている英単語、英文法などの説明を中心に解説。
関連する英語雑学、ビートルズの話題も含めて、「曲名」をめぐる新しい発見も盛り沢山。
213曲はイギリスでリリースされた順に並べられ、
全タイトルの意味(日本語訳)が掲載されている。

出版社からのコメント
1962年と1963年のビートルズ 〈Love Me Do〉〜《Please Please Me》《With The Beatles》
1964年のビートルズ 《A Hard Day’s Night》《Beatles For Sale》
1965年のビートルズ 《Help!》《Rubber Soul》
1966年のビートルズ 《Revolver》《A Collection Of Beatles Oldies》
1967年のビートルズ 《Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band》《Magical Mystery Tour》
1968年のビートルズ 《The Beatles》
1969年のビートルズ 《Yellow Submarine》《Abbey Road》
1970年のビートルズ 《Let It Be》

★読書前のaffirmation!
[きっかけ・経緯]
[目的・質問]
[分類] 837.5:英文解釈.英文和訳

私もビートルズで洋楽を聞き始めた口ですから、ほんとに大好きでその後もポールのコンサートも行きましたし、ポール、リンゴの作品はいつも楽しみにしています。

さて、内容はタイトルの通りです。

ネタバレするのはなんですから、書けませんが、「なるほど!」「確かにそうだ!」ということが、英文法の解説付きで語られていきます。

大好きなビートルズの曲であり、親しんできたタイトルですから、ビートルズをBGMに是非ご覧いただけたらと思います。

ちなみに私のFavoriteは、アビーロードで、
She Came In Through The Bathroom Window ~
The End までのメドレーです。

これは、エアロスミスのスティーブン・タイラーがポール・マッカートニーのトリビュートでやっている演奏がこれまた最高です。

 

(気に入ったら投票をお願いします!)

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください