いまを生きる

いまを生きる [DVD]

いまを生きる
ピーター・ウィアー
ロビン・ウィリアムズ,ロバート・ショーン・レナード,イーサン・ホーク,ノーマン・ロイド

Amazonレビュー
1959年、アメリカの名門全寮制高校。生徒たちは、伝統と規律や親の期待に縛られながら、冷めためた気持ちで日々をやり過ごしている。そこに同校OBの教師キーティング(ロビン・ウィリアムス)が赴任してくる。マジメ腐った詩の教科書を破り捨てさせ、机に上に立ち、生きる視点を変えることを教えるキーティング。彼の授業を通して、生徒たちは自らを自由に語り合うようになり、自分の道を歩みだす。だが、彼らの前に厳しい現実の壁が立ちはだかる…。
エリート高校生たちが、教師の言葉や詩に触発されてトキメキを感じ、生き生きと変わっていく姿は感動的。芸達者であるがゆえ、過剰になりがちなロビン・ウィリアムスは、本作では抑えた演技で作品に奥行きを与えている。全編にあふれる詩と、生徒たちの心の変化を暗喩する四季折々の映像が美しい。(茂木直美)

内容(「Oricon」データベースより)
全寮制の厳格な名門校に赴任してきた、熱血新米教師と生徒たちの心温まる交流を描いた青春ドラマ作品。ロビン・ウィリアムズ、ロバート・ショーン・レナードほか出演。第62回(1989年)アカデミー賞・脚本賞受賞作品。

原題は、「Dead Poets Society」

キーティング先生が、机の上に立って、「ここから見ると世の中はえらく違うぞ!分かってることも別の面から見直せ!どんなにバカらしく思えてもやってみろ」というシーンは何度見てもいいですね。

「いまを生きる」の画像検索結果

Continue reading “いまを生きる” »