アメリカ人が語るアメリカが隠しておきたい日本の歴史


アメリカ人が語る アメリカが隠しておきたい日本の歴史

アメリカ人が語る アメリカが隠しておきたい日本の歴史
著者:マックス・フォン・シュラー

内容紹介
世界に伝えたい! 日米2カ国語併記!
Written in both English and japanese日本が洗脳から目覚めることを恐れる米・中・韓
海兵隊出身の著者がアメリカの“嘘”を告発する!真実を語ること、それはヘイトスピーチではありません。
──マックス・フォン・シュラー
MAX VON SCHULER
【解説】
「軍部が無謀な戦争を起こした」「日本軍は残虐だった」──こういった歴史の見方、考え方はすべて戦勝国米国が、自国民だけでなく敗戦国日本人に刷り込んだプロパガンダだ。著者は1974年に米軍海兵隊として来日、その後、主に日本と韓国で数々の貴重な体験をしてきた。
なぜ米国人はこのような大きな嘘をついてきたのか?
著者は、米国人が自分の国が世界で一番進んだ理想の国だと思い込んでおり、その物差しで他国をはかり、自国の価値観を押し付け、その国をメチャメチャにしてしまうという米国人の傲慢性を指摘している。また日本は唯一、米国に戦いを挑み、死をも恐れず徹底抗戦し、米国を心底怯えさせた国だったので、日本が再び台頭してくるのを恐れている、という。米国を脅かす、長い歴史と伝統に培われた日本国民の潜在性を畏怖しているのだ。だからこそ米国は、GHQの統治以降、今もなお日本社会の仕組みを変革し続けている。さらに米国は「南京大虐殺」「性奴隷」「強制徴用」など中韓の反日プロパガンダを受容し、その発信拠点にもなっている。日本人に永遠の贖罪意識をもたせることで、米国人は日本人の頭を抑え続けているのである。日本人が歴史の真実に目覚めるのを恐れているのは米国だけでなく、中国、韓国も同様である。

本書は自身の体験を通して日本と韓国を知り尽くしている市井の米国人が、本音で語る日本人への警告である。

★読書前のaffirmation!
[きっかけ・経緯] さて、何を隠したいのか??
[目的・質問] 新しい視点をで歴史を見つめたいと思います。
[分類] 319.1:外交.国際問題

アメリカ他、欧州系の人たちは「支配し、支配される者を配下に置いて、自分よりも目下に扱う」というような性質があるのに対して、日本は「引き込んで、引き込んだ者のレベルを向上させて総合的なパワーを向上させる」ということをやってきた。

これに対して、アメリカ人は脅威として感じており、さまざまな情報を流しながら、日本人にその素晴らしさに気づかせないようにしてきたというようなことが書かれていました。

また、韓国に対しては、ここでは書けないようなことまでズバズバと書かれておりました。

また自分の国を誇りに思わない人のことについては、外国の方はその人を信じないということも書かれており、確かにそうすべきだし、われわれ国民も誇ることのできる国になるように、しっかりと選挙にも行くなど、意見を挙げていくべきなのでしょう。

すっかり受験の時にやったきり、しっかりと歴史をやっていないので、改めて歴史を学び、自分なりの歴史観や、国家観というものを持っておくべきということに気づかされました。

 

あらためて、全体の内容についてはこんな感じでした。

目次より抜粋

第1章 日本は攻撃的な国だったのでしょうか?
Chapter 1 Was Japan an aggressor nation?
アメリカを信じすぎる日本人
アメリカによるプロパガンダ
アメリカによる残虐行為
白人国家の攻撃的な性質
日独伊三国同盟の真実
日米開戦の真実

第2章 日本陸海軍は本当に残虐だったのでしょうか?
Chapter 2 Were the Japanese Imperial Army and Navy brutal?
日本人を理解できないアメリカ
米兵の残虐行為を決して認めないアメリカ
傲慢で自己中心的なアメリカ人
米兵によるレイプ犯罪
アメリカが隠し続ける戦争の真実
南京事件の真相
マニラ事件はアメリカの責任転嫁
アメリカのプロパガンダに騙されるな
自国の軍隊を尊敬できない日本人

第3章 大東亜共栄圏
Chapter 3 The East Asia Co-Prosperity sphere
欧米にとって脅威だった大東亜共栄圏

第4章 日韓関係はなぜ修復できないのでしょうか?
Chapter 4 Why can’t the Japan/Korea problem be solved?
トラブルの原因は常に韓国
李氏朝鮮の身分制度
李氏朝鮮の文化と識字率
国を滅ぼした両班
李氏朝鮮と対照的だった江戸文化
朝鮮併合の真実
末期状態だった李氏朝鮮

第5章 併合時代の真実
Chapter 5 The truth of the annexation period
併合当時の資料を読む
日本が朝鮮のインフラを整えた

第6章 日韓問題の現実
Chapter 6 The present reality of Japanese/Korean relations
歴史上最も平和で豊かだった時代
朝鮮人ゲリラを抑えた日本
韓国人の被害者意識
韓国人の優越感
慰安婦問題を検証する
米兵と韓国人売春婦
慰安婦問題の真実
日本は本当に朝鮮の文化を破壊したのか?
創氏改名の真実
韓国人による文化・起源の主張
「愛国無罪」の暴走
韓国人の自業自得
韓国人の「大便フェチ」
韓国人の日本バッシング
韓国における反日教育
外国人の「韓国疲れ」
韓国はベトナムに学べ

第7章 思い違い
Chapter 7 Misconceptions
平和ボケと自虐史観
日韓合意とアメリカの思い違い
いまだにくすぶる南北戦争
欺瞞の国・北朝鮮
アメリカが目指すべきもの
南北統一の幻想
コリアの本当の悲劇「朝鮮戦争」
韓国人は何を目指すのか?

 

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.