超一流になるのは才能か努力か?

超一流になるのは才能か努力か?

超一流になるのは才能か努力か?
著者:アンダース エリクソン,ロバート プール

内容紹介
◎勉強、仕事、子育て すべてに応用可能の鉄則◎著者のアンダース・エリクソン教授は、「超一流」研究の第一人者。
『タイム』『ニューヨーク・タイムズ』をはじめ、各紙誌で取り上げられ、
世界中から大きな注目を集めた自身の研究結果の全てを、本書で初公開!チェス、バイオリン、テニス、数学……。
世界中のトッププレーヤーたちを、30年以上にわたって科学的に研究。
そして導き出された「超一流」への鉄則とは? 

内容(「BOOK」データベースより)
チェス、バイオリン、テニス、数学…。世界のトッププレーヤーを研究して分かった、ある共通の要素とは?ドイツのマックス・プランク研究所にいた著者は、研究所の目と鼻の先にあるベルリン芸術大学を訪れた。そこには、他の学生を圧倒する能力を持ち、世界的ソリストへの道を約束されたバイオリニストと、将来は教員になる道を選んだバイオリニストがいた。彼らの能力、ひいては人生を分けたものは一体何か。生まれつきの才能か、それとも積み重ねた努力か―。「超一流」の全てを解き明かすことになる、三〇年以上におよぶ研究が始まった。

★読書前のaffirmation!
[きっかけ・経緯] 努力で天才になれるとしたら?
[目的・質問] その努力・・どんな努力かをしって実践していきたいと思います。
[分類] 141.1:知能, 知能(心理学) Continue reading “超一流になるのは才能か努力か?” »