超予測力:不確実な時代の先を読む10カ条


超予測力:不確実な時代の先を読む10カ条

超予測力:不確実な時代の先を読む10カ条
著者:フィリップ・E・ テトロック,ダン・ ガードナー

内容紹介
「専門家の予測精度はチンパンジーのダーツ投げ並みのお粗末さ」という調査結果で注目を浴びた本書の著者テトロックは、一方で実際に卓越した成績をおさめる「超予測者」が存在することも知り、その力の源泉を探るプロジェクトを開始した。その結果見えてきた鉄壁の10カ条とは……政治からビジネスまであらゆる局面で鍵を握る予測スキルの実態と、高い未来予測力の秘密を、米国防総省の情報機関も注目するリサーチプログラムの主催者自らが、行動経済学などを援用して説く。《ウォール・ストリート・ジャーナル》《エコノミスト》《ハーバードビジネスレビュー》がこぞって絶賛し、「人間の意思決定に関する、『ファスト&スロー』以来最良の解説書」とも評される全米ベストセラー。

★読書前のaffirmation!
[きっかけ・経緯] 「予測」となると読まないと・・・・。さて何を予測するのでしょう。
[目的・質問] 「予測=先読み」・・・このタイプの情報はすべて吸収します。
[分類] 141.5:思考.想像.創造性, 創作力(心理学)

ムム? この分類「141.5:思考.想像.創造性, 創作力(心理学)」は少し違和感がありますが、いったい何を予測、先読みするのだろう。読んでいきましょう。

1814年にフランスの数学者で天文学者であったピエール=シモン・ラプラスが、次のように書いている。

現在の宇宙の状態は、その過去の結果であり、未来の原因と見なすことができる。ある瞬間における自然の動きを生むあらゆる力とあらゆる物質の位置を知ることができ、しかもそれらのデータを解析できるだけの広大さを持った知性が存在するならば、それはたった一つの公式で宇宙で最も大きい物体から最も小さい原子の動きまで説明できることができる。この知性にとって不確実なことは何もなくなり、その眼には未来も同様にすべてはっきりと見えているであろう。(pp.21-22)

このラプラスの「全知全能」の考え方に、冷や水を浴びせたのがアメリカの気象学者エドワード・ローレンツのバタフライ効果です。バタフライ効果とは、「ブラジルで蝶が一匹羽ばたくとテキサスで竜巻が起こる」という洞察です。そこから「カオス理論」へとつながっていて、気象のような非線形システムにおいては、当初の条件にわずかな変化を加えると、その影響は途方もない規模に膨れ上がるというものです。

コンピュータ性能の飛躍的な改善と予測モデルの継続的な改良により、予測限界は少しだけ先に延びるかもしれないが、改善は次第に難しくなり、その恩恵はゼロに近づいていくだろう。気象予測はどこまで改善できるか。それは誰にもわからない。だが現在の限界を認識しておくこと自体が一つの成功と言える。(pp.27-28)

周りの知らない人は、「予測の精度を上げろ!当たるようにしろ!」なんて無理難題を言いますが、予測を作っている人はもちろん、使っている人もそれはよく分かっているのですが。

たいていは予測を立てて、それでおしまいである。事実が判明した後で予測の正確さが確認されることはめったになく、最終評価を下すために定期的かつ厳格に確認されることはまずない。なぜか。問題は主に需要サイドにある。政府、企業、大衆など予測を消費する側は、正確さの根拠を要求しない。だからこそ正確さの測定も行われず、当然見直しもされない。見直しがされなければ、改善もない。(p.28)

モデルを作るときには、もちろんそのモデルの検証はしますが、実際にそのモデルが運用され出すと、モデルの見直しとでもならないとなかなか抜本的にチェックはしなくなりますよね。

ビル・ゲイツはこう書いている。「人々の置かれた状況を改善する上で、測定することがいかに重要かを痛切に感じた。明確な目標を設定し、その目標に向けた進歩を促すような指標を見つければ、すばらしい進歩を達成できる。(中略)当たり前のことに思えるかもしれないが、それがなされていないことが驚くほど多く、またきちんとやるのはとても難しい」。進歩を促すのに何が必要かというゲイツの見解は正しく、予測においてもそれが驚くほど欠如している。明確な目標を設定するという簡単な第一ステップでさえ、行われていない。(p.29)

「明確な目標」・・・予測を改善し続けるならそれは必ず必要でしょう。しかし実際のビジネス現場では、いったん予測モデルを作ってしまうとそれを運用し続けるということも多そうな気がします。

超予測力には柔軟で、慎重で、好奇心に富み、そして何より自己批判的な思考が欠かせない。集中力も必要だ。卓越した判断を導き出す思考とは、楽にできるものではない。かなりの一貫性をもって卓越した判断を導き出せるのは意志の強い者だけであり、われわれの分析でも優れた実績を出す人の予測因子として最も有効なのは「自らを向上させようとする強い意志」であることが繰り返し示されている。(p.36)

「自己批判的な思考」・・・これが難しいんですよね。予測モデルを一度仕上げてしまうと。

われわれはみな、あまりにも拙速に判断を下し、それを覆すのにあまりにも時間をかけすぎるきらいがある。そしてなぜそうした失敗を犯したのか検証しなければ、同じ失敗を繰り返すことになる。停滞した状況は何年も、あるいは生涯にわたって続くかもしれない。何百年と続くこともある。医学界の長く不幸な歴史を振り返ると、それがよくわかる。(pp.42-43)

「拙速に判断を下す」・・・「あたりまえ」だと思っている思考停止の「前提」がその判断をさせてしまう。しかしその「あたりまえ」が実は当たり前でないのいうことに気付くのは非常に難しいんですよね。

 

自分の考えを、意識に浮かぶアイデア、イメージ、計画、感情などと結びつけて考えるのは自然なことだ。・・・われわれがどのようにモノを考え、意思決定をするか説明する際に、現代の心理学者がよく用いるのが、われわれの頭の中を二つの領域に分割する二重課程理論である。「システム2」とはおなじみの意識思考の領域である。ここにわれわれが意識を向けようと決めたことがすべて含まれる。対照的に「システム1」をわれわれが意識することがほとんどない。これは自動的に働く知覚的、認識的領域で、あなたが今このページに印刷された文字を意味のある文章に転換したり、コップに手を伸ばして水を飲む間この本を支えたりといった行為がこれに当たる。このように矢継ぎ早に起こる様々なプロセスをわれわれはまったく意識していないが、そうしたものなしには何もできない。動作が停止してしまう。(pp.52-53)

二重課程理論のもう少し詳しい説明がこちらにあります。

どちらがシステム1でどちらが2かという順序は、でたらめに決まってわけではない。最初に動くのがシステム1だ。システム1は迅速で、常に背後で動いている。何か問われたとき、あなたの頭にすぐ答えが浮かんだら、それはシステム1から湧き上がったものだ。システム2にはその答えを突き詰めていく役割がある。その答えは精査に耐え得るのか。何らかの証拠に支えられているのか。このプロセスには時間と手間がかかるので、一般的に意思決定は次のような手順を踏む。まずシステム1が答えを見つけ、それに続いてシステム2が介入し、システム1が決定したことを検証し始める。(p.53)

このあと、いろいろな過去の予測に関して、それに関する批評が展開されるというパターンです。そして、最後に要チェックの「超予測者をめざすための10の心得」が掲載されていますので、こちらしっかりと見ていきましょう。

 

その前に・・・お誘いがあります。

本書で蝶予測者と「優れた判断力プロジェクト」に興味をもたれたら、ぜひわれわれのプロジェクトに加わっていただきたい。予測力を磨きながら、科学的研究に貢献できる機会だ。詳しくはウェブサイトを参照してほしい。(p.348)

では、お待ちかね、「超予測者をめざすための10の心得です。(pp.349-359)

 

  1. トリアージ(選別格付け)
    努力が報われそうな質問に集中しよう。簡単な「時計型」の質問(単純な経験則を当てはめれば正解に近づけるもの)、あるいはどうにも見通せない「雲型」の質問(凝った統計モデルを使っても、正解率はチンパンジーの投げるダーツ並み)に無駄に時間をかけるべきではない。難易度が適度な範囲に収まっている質問に集中すれば、努力に対して最も大きな見返りが得られる。
    もちろんトリアージの判断は、身近なテーマほど難しくなる。結果の予測がきわめて困難という評価が定着している分野もあるが、たいていはしばらく予測に取り組んでみるまで、分析が順調に進むかなど予測の難易度はわからない。だからこの段階で起こりやすい二つの基本的な失敗を頭に入れておこう。一つは予測可能かもしれない事柄を予測しようとしないこと、もう一つは予測不可能な事柄を予測しようとすることだ。あなたがいま直面している状況では、どちらの失敗のほうがダメージは大きいだろうか。
  2. 一見手に負えない問題は、手に負えるサブ問題に分解せよ
    問題を知り得る要素と知り得ない要素に分解しよう。無知をされけ出し、自らの仮説をはっきりさせ、吟味しよう。誤ることを恐れず、できるだけ頭を使って推測しよう。曖昧な言葉で問題を覆い隠すより、誤りは早いタイミングで見つけたほうがいい。
    真の愛に関わる問題に客観的に正しい答えはない。だが超予測者がIARPAトーナメントで生み出したフェルミ推定に基づく予測の正確性は、採点によって検証されている。きわめて荒削りな仮説と大胆な推測から生まれる確率予測の正確さは、驚くほどである。
  3. 外側から内側の視点の適度なバランスを保て
    超予測者は外側の視点を確認するために「この手の事象がこの手の状況で発生する頻度はどれくらいなのか」と自問する習性がある。
  4. エビデンスに対する過少反応と過剰反応を避けよ
    優れた予測者は、一般人より先に有力な手がかりを見つけ出す方法を心得ている。最高の予測者は確率40%から35%へ、あるいは60%から65%へといった具合に、アップデートを小刻みにする傾向がある。「かもしれない」や「可能性がある」といった曖昧な表現ではとらえられない微妙な差だが、長期的に見ればこれが「優れた予測者」と「最高の予測者」を分ける。ただ超予測者は、ときには重要なシグナルに素早く対応するために予測を一気に動かすすべも心得ている。彼らは完璧なベイズ理論の実践者ではないが、一般人よりはずっと優れている。それはこの能力の重要性を理解し、磨き上げる努力を怠らないからだ。
  5. どんな問題でも自らと対立する見解を考えよ
    優れた政策論争では、少なくとも頭に入れておくべき反論が常に存在する。・・・どちらも主張を固める前に、どんな兆候があれば自らの意見を逆方向に修正すべきかを考えてみるべきだ。本当に難しいのはここからだ。古典的な弁証法では、定立(テーゼ)と反対立(アンチテーゼ)が出会い、総合(ジンテーゼ)が生まれる。トンボの目では、一つの視点が別の、そのまた別の視点と出会い、それが単一のイメージに統合される。そこには確立された方法論はない。統合はさまざまな主観的判断を融和させる技だ。習熟すれば、統合のプロセスを通じて典型的ハト派やタカ派ではなく、強硬型と融和型の戦術のどちらがうまくいきそうか状況に応じて見極められる珍種のハイブリッド「ハトタカ」になれるだろう。
  6. 問題に応じて不確実性はできるだけ細かく予測しよう
    世の中には絶対確実、あるいは絶対ありえないということは少ない。また「どちらとも言えない」という言葉は何も言っていないのに等しい。だから不確実性について、頭の中に3つ以上の選択肢を持とう。細かなニュアンスが重要だ。不確実性の段階を細かく区別できるほど、予測の質は高まるだろう。ポーカーと同じで、「60対40」と「40対60」、あるいは「55対45」と「45対55」のベットの違いを敵よりもうまく見極めることができれば優位に立てる。曖昧な言葉で語っていた直観を数値的確率に転換するのは当初違和感があるかもしれないが、できるようになる。忍耐と練習が必要なだけだ。超予測者がそれは可能であることを証明している。
  7. 自身過少と自信過剰、慎重さと決断力の適度なバランスを見つけよう
    超予測者は拙速に判断に飛びつくリスクと、いつまでも「どちらとも言えない」のあたりをうろうろしているリスクの両方をわきまえている。決断力を発揮するタイミング(煮え切らない指導者について行く者はいない)と自己主張を押さえるべきタイミング(他人の意見に耳を傾けない指導者には誰も従わない)の切り替えを常に意識している。長期間にわたって正確性を維持するには、予測の正確さと明確さの両面で高スコアを取る必要があり、世間の非難に応じて予測のスタンスをころころ変えるようではいけない。直前の失敗を避けるよう努力するだけでは不十分だ。この気まぐれな世界で可能な限り予測の正確さを高めていくには、兆候を見逃す、虚報を発するという2種類の予測ミスのどちらも減らす方法を工夫しなければならない。
  8. 失敗したいときは原因を検証する。ただし後知恵バイアスにはご用心
    自分の失敗を正当化したり言い訳をしたりするのはやめよう。しっかり向き合うのだ。決然と事後分析に取り組もう。具体的にどこで誤ったのか。そして最もありがちな過ちは、失敗から十分に学ばず、基本的仮説に誤りがあったのを見過ごすことだが、失敗から学ぶすぎるのも問題だと頭に入れておこう(基本的な考え方は間違っていなかったが、細かい技術ミスが命取りになったかもしれない)。また成功したときもしっかり事後分析しよう。すべての成功があなたの思考プロセスが正しかったことを示しているわけではない。たまたま誤りが打ち消し合って、良い結果が出ただけかもしれない。自信満々に同じ方法を続けていると、手痛い失敗につながりかねない。
  9. 仲間の最良の部分を引き出し、自分の最良の部分を引き出してもらおう
    高度なチーム・マネジメント技術を身につけよう。特に重要なのが、相手の立場を理解すること(相手の主張を深く理解し、相手が満足するほど自分の言葉で再現できる)、正確な問い掛け(相手が誤解されないように、その主張内容を明確にする手助けをする)、そして建設的対立(相手を不快な気持ちにさせずに異論を述べること)である。賢明なリーダーは、有益な提案とマイクロマネジメントの違い、あるいは硬直的組織と決断力のある組織、焦点の定まらない組織と柔軟な組織との差異がいかに微妙なものかを理科している。
  10. ミスをバランスよくかわして予測の自転車を乗りこなそう
    ここまで挙げた心得を実践するには、対になったミスをバランスよくかわすことが必要だ。物理学の教科書を読んでいるだけでは自転車に乗れるようにならないのと同じで、訓練の手引きを読んでいるだけでは超予測者にはなれない。何かを習得するには実際にやってみる必要があり、そこにはうまくいっているのか(「順調に前進しているな!」)、いないのか(ガシャン!)、はっきりわかるようなフィードバックが必要だ。また練習とは単に予測を立てる動作をなぞったり、適当にニュースを見て確率をはじき出したりすることではない。どんな専門能力を身につけるときも同じだが、超予測力は真剣かつ意識的練習から生まれる。
  11. 心得を絶対視しない
    ヘルモート・フォン・モルトケはこう警告した。「まったく同じ状況は二つとないのだから、絶対的ルールを定めるのは不可能だ」。戦争に限らず、これは何事にも通じる。確実なことや同じことの繰り返しが一切ない現実正解に対処するために作れるのは、絶対的ルールではなく、せいぜい手引きだ。超予測者にはここに挙げた心得を忠実に実践しようとしているときでさえ、むしろそういうときにこそ、自らの振る舞いに自覚的であることが求められる。

心得については、ここは学ぶべきところになりますので、しっかりと引用させていただきましたが、あらためて、ポイントを列挙しましょう。

 

  1. トリアージ(選別格付け)
  2. 一見手に負えない問題は、手に負えるサブ問題に分解せよ
  3. 外側から内側の視点の適度なバランスを保て
  4. エビデンスに対する過少反応と過剰反応を避けよ
  5. どんな問題でも自らと対立する見解を考えよ
  6. 問題に応じて不確実性はできるだけ細かく予測しよう
  7. 自身過少と自信過剰、慎重さと決断力の適度なバランスを見つけよう
  8. 失敗したいときは原因を検証する。ただし後知恵バイアスにはご用心
  9. 仲間の最良の部分を引き出し、自分の最良の部分を引き出してもらおう
  10. ミスをバランスよくかわして予測の自転車を乗りこなそう
  11. 心得を絶対視しない

上記が10の心得+1になっています。予測をするうえで、これらをしっかりと認識したうえで対応を図っていきたいものです。

さて、最後に訳者あとがきで復習です。

超予測者(上位2%の的中率の高いボランティア)のどこが特別なのか。テトロックによると「優れた予測を立てるのに確立された方法はないが、超予測者はだいたい同じ手順を踏む」という。まず質問を分解し、知り得る情報と知り得ない情報に選別する。また、一般人が予測すべき事象そのものに注目する傾向があるのに対し、超予測者は事象と距離を置き、それを同じような現象の一つの事例に過ぎないととらえ、発生確率の「基準値」を導き出そうとする。さらには自分の見解を他の人々の見解などと比較・統合し、結論にまとめる。その後も新たな事実が判明するのに従い、予測はアップデートしていく。(p.367)
超予測者には人生に対する基本姿勢においても、いくつか共通項が見られる。まず知的刺激への欲求(認知欲求)が高く、常に異なる視点に対してオープンであろうとする「積極的柔軟性」がある。また努力をいたわず自らを向上させていこうとする強い意思、今どきの言葉でいうと「やり抜く力」がある。そして運命論的ではなく「確率論的にモノを考える傾向」がある。事象が起きたときに、それを「そうなる定めだった」ととらえるのか、「さまざまな展開がありえたなかで、特定の条件が重なった結果、たまたまその事象が起きた」ととらえるのか。テトロックの研究では予測者の運命論的思考の度合いと予測の正確性を比較したところ、両者のあいだに有意な相関がみられた。正確に将来を予測するには、さまざまな選択肢を比較検討する確率論的思考が欠かせない。(pp.367-368)
「FRB(連邦準備制度理事会)による資産購入はインフレを引き起こすリスクがある」という場合、「インフレ」とはどの程度の物価上昇率を想定し、「リスク」とは何%の発生確率を意味しているのか。曖昧な言葉遣いは予測が外れた場合の隠れ蓑になり、誰もメンツを失わずに済むが、どちらの政策が正しかったのか、社会が教訓を学ぶことはできない。問題は予測を消費する側にもある。「企業経営者、政府高官から一般人まで、有効性や安全性の確認されていない得体の知れない薬なら絶対に飲まないが、こと予測については行商人が荷台から出してくる不老不死の薬と同じくらい怪しいものでもさっさと金を払う」とテトロックは指摘する。われわれは自らの予測力を高めると同時に、政治家、評論家、学者など権威とされる人々の予測を無批判に受け入れる前に、「この人物の過去の予測は性格だったのか」と問いかける必要がある。それが空疎な議論を防ぎ、予測と検証のプロセスを通じて社会が賢くなることを訳者として祈念している。(pp.368-369)

訳者の土方奈美さんのファンになってしまいそうです。私も本文を通じて感じたことをうまくまとめてくださっていて、良い復習になりました。

それにしても、私も「予測」についてはさまざまなシステムを作ってきましたが、非常に痛いところを突かれ反省もしつつ、逆に間違ってなかったんだというのもあってそこはしっかりとこれからもこの「10の心得」にそって精進していきたいと感じました。

 

(気に入ったら投票をお願いします!)

 

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください