日本会議 戦前回帰への情念

日本会議 戦前回帰への情念 (集英社新書)

日本会議 戦前回帰への情念 (集英社新書)
著者:山崎 雅弘

内容紹介
日本会議と安倍政権は、この国をどこへ導こうとしているのか?欧米メディアが「日本最大の右翼組織」「安倍政権を支える国家主義団体」と報じる日本会議。
現安倍政権の閣僚の半数以上が日本会議と直接的に繋がる議員団体「日本会議国会議員懇談会」に属しているにもかかわらず、日本の大手新聞・テレビは両者の関連性についてほぼ報じていない。本書では日本会議の“肉体”(人脈・組織)と“精神”(戦前戦中を手本とする価値観)、教育や靖国をめぐるその“運動”を詳説し、
日本会議と安倍政権が「改憲」へと傾倒する動機が、かつて日本を戦争に導いた「国家神道」を拠り所とする戦前回帰への道筋にあることを指摘。
気鋭の歴史研究家が、日本会議を近視眼的な“点”ではなく、歴史的事実をふまえた“線”としての文脈から読み解く、「日本会議論」の決定版である。 

★読書前のaffirmation!
[きっかけ・経緯] 最近よく聞く、「日本会議」・・この実態は?
[目的・質問] 「日本会議」とは何ぞや?
[分類] 080:叢書. 全集. 選集

Continue reading “日本会議 戦前回帰への情念” »