プレシジョン・メディシン


wikipediaによると・・・

プレシジョン・メディシン(Precision Medicine、日本語:精密医療)とは、患者の個人レベルで最適な治療方法を分析・選択し、それを施すこと。最先端の技術を用い、細胞を遺伝子レベルで分析し、適切な薬のみを投与し治療を行うこと。2015年1月20日のオバマアメリカ合衆国大統領の一般教書演説において、“Precision Medicine Initiative”が発表され、世界的にも注目されている。プレシジョン・メディシン(Precision Medicine)と類似した、言葉としてPersonalized Medicine(個別化医療)がある。

これらもビッグデータがひとつのキーになっているのでしょう。

「プレシジョン メディシン」の画像検索結果
ファイナンス、医学・・・どちらも元々、統計ツールのSASやSPSSなどの主要ユーザーでした。

またIBMのワトソンががん関連の論文調査に貢献しているようです。

File:IBM Watson.PNG

これまでとは異なる使い方になるのでしょうけど、こういったニーズによって今度はツール自体も、またアルゴリズムなどもどんどん発展していって欲しいです。

私はそちらのほうの専門家ではなく流通ベースではありますが、何か流通での知見を別分野にフィードバックできるようになれるようもっともっと知識・技を身につけていき、社会貢献をしたいと思っています。

 

(気に入ったら投票をお願いします!)

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください