ふせんの技100


ふせんの技100 (エイムック 3484)

ふせんの技100 (エイムック 3484)
著者:舘神 龍彦

内容紹介
書いて、貼って、はがして、貼って。ふせんで仕事、人生がはかどる!「ふせん」は、付けたりはがしたりできる糊が付いた小さな紙片。
シンプルな文房具だけど、その使い方は無限に広がっています。
手帳評論家の舘神龍彦(たてがみ たつひこ)さんによるふせんの商品情報と使いこなしをわかりやすく1冊にまとめました。
ふせんは、メモであり、インデックスであり、さらにコミュニケーションツールとして進化を続けています。
本書に収めた100のふせん術は、仕事、人生をスムーズに運ぶた技ばかり。
著者が唱える「書くべし・はがすべし・そして貼るべし」を実践して、ふせんの実用的で楽しい世界を体感してください。

★読書前のaffirmation!
[きっかけ・経緯] 友人からの紹介で手に取ってみました。
[目的・質問] これまでに知らなかった「ふせんの技」をゲット!
[分類] 002:知識. 学問. 学術

ふせんの各種使い方について、8つの切り口で整理されています。

  1. コミュニケーション
  2. アイデア出し
  3. タスク管理
  4. 時間術
  5. 学習
  6. 記録
  7. ラべリング
  8. 小ワザ

●アイデア出しに使う

●本や書類の参照部分をはっきり指す

●ワンタッチで「確認済み」を示す

●グラフィックと文字で情感を付け加える

●偉人に意見を代弁してもらう

面白いアイデアもありましたが、全体的には基本(?)に忠実な使い方がリストアップされていました。こういうのを先に記した「ミニサイト」でまとめるといいんでしょうね。

その他、参考になる本として下記が挙げられておりますので、ご参考まで。

以上の書物がふせん関連本として紹介されておりますので、読んで見られてはいかがでしょうか。

(気に入ったら投票をお願いします!)

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください