人生のモヤモヤは歩くだけで消える


人生のモヤモヤは歩くだけで消える

人生のモヤモヤは歩くだけで消える
著者:猪狩 大樹

内容紹介
「最近なんとなく調子がすぐれない……」
「人生がうまくいっていない……」
と感じているなら、それは結局のところ、あなたが
“歩いていない”から。本書を読めば、たちまち全部解消できます!
“歩くだけ”で著者が手に入れたもの
★腰痛の激減★
★柔和な笑顔★
★ココロの余裕★
★段取り力★
★良好な人間関係★
★理想的な体重と体型★
★昇進と昇給★
★規則正しい生活パターン★
★出勤前の時間の確保★
★集中力★
★チャレンジ精神★
★タイムマネジメント力★
★旺盛な知識欲★
★知らない人と出会いたい欲求と新たな人脈の構築★
歩けば、すべてが本当に変わる!
その驚くべきメカニズムと、驚異の効果・効能ががすぐにわかる一冊です!

★読書前のaffirmation!
[きっかけ・経緯] 図書館の新着で発見!
[目的・質問] モヤモヤの消し方、学びます。
[分類] 498.3:個人衛生.健康法

NDC分類は、「498.3:個人衛生.健康法」ですね。確かにサブタイトルが「あらゆるストレスを解消し確実にリセットできる最高の方法」とあります。さぁ、リセット方法を学びたいと思います。

どうやら、筆者はこの本との出会いによって、生活習慣が180度変わったようです。

ここに90日間、120分ウォークというのが書いてあるらしく、それを実行に移されたのだそうです。

そして、生活も夜型から朝方に変わったとのこと。

静寂に包まれた、エンドレスとも思われた夜中の時間帯は、かなりの魅力だったのですが、それを朝の時間に回してみると、驚くべき発見がありました。時間は無尽蔵と思っていた夜に比べて、朝に何かをやる方が、集中の度合いが全く違うことに気付いたのです。(p.58)

これそうなんですよね。私も修士論文の追い込みの去年の今頃はそうしてたんですが、すっかり夜型に戻ってしまいました。改めて、新年を迎えるにあたって、人生の目標・生活習慣ともにブラッシュアップしたいと思っています。

朝歩くことで快楽ホルモンが分泌され、ココロに余裕が出てくると、様々なインプット、すなわち自分の身に起きた出来事に対し、アウトプットである自分の感情は自分で選べるということに気がつくことができました。つまり、自分にとってプラスの反応だけを選べるようになったのです。今までさんざんしてきた腹を立てるなどのネガティブな反応は、単に自分で自分の気分を悪くするつまらない行為ということに気がついたので、まったくしなくなりました。(p.63)

「心の余裕」は何より大切ですね。ストレスがその余裕を埋めてしまうんだと思います。ストレスをなくせば、余裕が生まれる。余裕が生まれれば、ストレスの要素をさらに減らせる。グッドサイクルになっていくのでしょう。

ということで、筆者のウォーキングによっての変化の記録と、同じようにチャレンジする人に向けてのハウツゥという内容です。

私もウォーキングと朝型、取り入れてみたいと思いました。

(気に入ったら投票をお願いします!)

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください