OGSM


OGSM・・・PDCA、DMAIC、OODAなど、臨機応変に使いたい各種フレームワーク。OGSMとは何でしょうか?

「OGSM」の画像検索結果

「OGSM」とは、プロジェクトを「目的」「ゴール」「戦略」「評価」の4つの大きな枠で考えるマーケティングフレームワークです。軸をぶらすことなく、関係者が共有した認識でプロジェクトを戦略的に進めるための枠組みです。欧米のジョンソン・エンド・ジョンソンやP&Gといった外資系企業などで取り組まれているフレームワークです。

類似のフレームワークとして、こちらも思い出すと良いでしょう。

  • DMAIC
    Define:定義、Measure:測定、Analyze:分析、Improve:改善、Control:管理
  • OGSM
    Objective:目的、Goal:ゴール、Strategy:戦略.、Measurement:評価
  • OODA
    Observe:監視、Orient 情勢判断、Decide:意思決定、Act:行動
  • PDCA
    Plan:計画、Do:実行、Check;評価、Act:改善

業務やプロジェクトのフェーズ、大きさ、メンバーのタイプなどによって、うまくそれぞれを使い分けたいものです。PDCAってなんか違和感感じるときに、もっとしっくりくるのがあると思います。

OGSMについては、こちらに詳しい説明がございます。
よろしければ・・・・。

(気に入ったら投票をお願いします!)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください