部下を持ったら必ず読む「任せ方」の教科書

図解 部下を持ったら必ず読む「任せ方」の教科書

図解 部下を持ったら必ず読む「任せ方」の教科書
著者:出口 治明

★読書前のaffirmation!
[目的] 「任せ方」をマスターする・・・
[質問] 「任せ方」のコツを教えてください。

出口社長の本は何冊か読みました。この図解版でないほうも以前読んでますが、改めて・・・・。

図解版なので、コンパクトに章ごとにポイントがまとめられまして、それを読めば・・・・読んだ人には復習ができるようになっています。

ということで、その復習のために・・・メモしました。

 第1章 上司になったら「任せるしくみ」をつくりなさい(P.36)
1.人間の能力はそれほど高くない。上司の管理能力は、せいぜい部下2~3人分
2.部下に権限を与えたら、仕事のプロセスには細かく首を突っ込まないのが正しい任せ方
3.「意思決定」と「業務執行」の責任を分けたほうが透明性のある経営ができる。
4.「誰が、何を、どこまで決定できるのか」といった権限の範囲を、任せるときは決めておく
5.部下に与えた権限は、部下固有のものであり、上司といえども口を挟んではいけない
6.性別、年齢、国籍を超えて、多様な人材に任せることで、会社は強くなる
7.グローバル経済の変化に対応するには、新しい人材に仕事を任せて、戦い方を変える
 第2章 できるリーダーは常に「いい任せ方」をしている(P.58)
1.「丸投げ」は指示が曖昧なのに対し、「任せる」は指示が的確かつ権限の範囲が明確
2.「好きなようにやらせる」「一部分を任せる」「上司の仕事を代行させる」が任せるの3パターン
3.「的確な指示を出す」ためには、上司も部下も「双方向のコミュニケーション」を大切にする
4.上司が部下に指示を出す時は、「期限」「優先順位」「目的・背景」「レベル」を明確に示す
5.部下に仕事を任せるときには、「権限と責任を位置させる」ようにする
6.部下の成長を望むなら、めいっぱい考えさせ、何度も「やり直し」をさせるべき
7.「部下の失敗は上司の責任」。故意や過失があろうとなかろうと、上司は責任を取る
 第3章 「プレーイング・マネージャ」になてはいけない(P.100)
1.部下の仕事が「60点」ならば、合格点。上司は、60点で我慢する度量を持つべき。
2.プレーヤーとマネージャは、求められる能力も役割も違うので、両立すべきではない。
3.人間の能力や時間は有限であることを理解し、上司は、迅速に判断し仕事を任せるべき
4.上司は、必死に働いている姿を見せることで、部下のやる気を引き出し、動かす。
5.得意なことを任せ、苦手なことは別の人で補う。向いている仕事を任せた方が、成果が出る
6.「適材適所」をかなえるには、部下の適性を知り、周囲の状況を察する「洞察力」が必要
7.リーダーの条件とは、「強い思い(志)」「共感力」「統率力」を持つこと
 第4章 この上司力で「チームの実力」を一気に上げる(P.126)
1.「自分の頭の中にはない音符」を持つ人たちに仕事を任せて、ダイバーシティを実現する
2.仕事を任された部下は、承認欲求が満たされて「やる気が出て、成長し、責任感が身につく」
3.上司は「感情の起伏」を抑え、「好き嫌い」と「怒り」は表に出しすぎないこと
4.社員を採用するときは、「現場に任せる」ほうが、チームワークが良くなる
5.社内を早く、大きく活性化したいなら、「異質な人」を「グループ」で採用しよう
6.自分の不得意なことは専門家に任せ、自分の時間は「得意なことをやるために使う」
7.アウトソーシングをするときは、「コスト」と「コア・コンピタンス」を判断基準にする

最初にありますが、
「上司の管理能力は、せいぜい部下2~3人分」というのはよく分かります。しかも現在プレーイングもしてるとなると、非常に難易度が高いです。10人を超えると目が届かない。プレーイング部分もは減らないし・・・。

そんな中でどう乗り切っていくか・・・・。厳しい状況です。

(気に入ったら投票をお願いします!)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください