生涯投資家

生涯投資家

著者:村上 世彰 … 

株式会社としての責任・・・コーポレート・ガバナンスの重要性を改めて感じさせてくれる名著。上場したからには大きな責任を負っていることを経営者は本当に意識しないといけないと思わせてくれます。上場が経営者としての一つの夢であるとは思いますが、そうすることで経営が窮屈になってしまうこともあり得ることを経営者は意識しないといけません。(Inobe.Shion)

「インベストメント」の画像検索結果

内容紹介

「お金儲けは悪いことですか?」
2006年6月、ニッポン放送株をめぐるインサイダー取引を行った容疑で逮捕され、有罪判決を受けた村上ファンドの村上世彰氏。

本書は、株の世界に復帰し動向が注目されている村上氏の、最初にして最後の著書で、半生記であり、投資理念の解説書でもある。灘高―東大法―通産省を歩んだエリートがなぜ投資の世界に飛び込み、いったい何を試みたのか。投資哲学、日本企業、日本の経営者たちへの見方とは。

【目次】
はじめに――なぜ私は投資家になったか
第1章 何のための上場か
・・・官僚として見た上場企業の姿/コーポレート・ガバナンスの研究 ほか
第2章 投資家と経営者とコーポレート・ガバナンス
・・・私の投資術/累積投票制度を導入せよ――東芝の大きな過ち ほか
第3章 東京スタイルでプロキシーファイトに挑む
・・・決戦の株主総会 ほか
第4章 ニッポン放送とフジテレビ
・・・私が見たライブドア対フジテレビ ほか
第5章 阪神鉄道大再編計画
・・・西武鉄道改革の夢――堤義明氏との対話/阪神タイガース上場プラン――星野仙一氏発言の衝撃
第6章 IT企業への投資――ベンチャーの経営者たち
・・・楽天――三木谷浩史氏の積極的なM&A/ライブドア――既得権益に猛然と挑んだ堀江貴文氏 ほか
第7章 日本の問題点――投資家の視点から
・・・日本の株式市場が陥った悪循環 ほか
第8章 日本への提言
・・・コーポレート・ガバナンスの浸透に向けて/世界一の借金大国からの脱却 ほか
第9章 失意からの十年
・・・東日本大震災について/フィンテックへの投資 ほか
内容(「BOOK」データベースより)
“村上ファンド”を率いて日本に旋風を巻き起こした男の、最初で最後の告白。

Continue reading “生涯投資家” »

長生きのための睡眠時間はどれくらい?

私はいつのころからか、ショートスリーパーになってしまい、しばらくずっと3時間睡眠というのようなのが続いておりました。

最近は、少し落ち着きまして、というか・・・寒いので夜もそれほど頑張れず4時間くらいは寝ているのですが、それにしても睡眠時間は少ないと思われます。

そう、睡眠負債というのがどんどんたまっているはずです。

そんななか、興味深い記事・・・を見かけましたのでご紹介いたします。理想的な睡眠時間についてです。

Continue reading “長生きのための睡眠時間はどれくらい?” »

革命のファンファーレ

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

著者:西野 亮廣 … 

最近、共著を含め連発で出版されている西野さん。初めて読んでみましたが、非常に論理的に社会の流れを捉えているので分かりやすいです。また色々な人と関わることで、さらにその視点が研ぎ澄まされていくのだろうと思います。研がれる人はどんどん研ぎ合っていってその流れに乗り切れないと、決められたところに乗せられていくしかないんでしょうね。そういう意味では、西野さんの絵本などでのいろいろなアプローチは新しい乗り物の最良の乗り方をいち早く覚えて乗りこなしているという感じでしょうね。(Inobe.Shion)

「ファンファーレ」の画像検索結果

 

内容紹介

クラウドファンディングで国内歴代最高となる総額1億円を個人で調達し、絵本『えんとつ町のプペル』を作り、30万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイターが語る、”現代のお金の作り方と使い方”と最強の広告戦略、そして、これからの時代の働き方。

著者について
1980年兵庫県生まれ。
芸人。

著書に、絵本『Dr.インクの星空キネマ』『ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス』『オルゴールワールド』『えんとつ町のプペル』、小説『グッド・コマーシャル』、ビジネス書『魔法のコンパス』があり、全作ベストセラーとなっている。

Continue reading “革命のファンファーレ” »

Adventure and Innovation! Amazing Quest!