グーグルに学ぶディープラーニング

グーグルに学ぶディープラーニング

グーグルに学ぶディープラーニング
著者:日経ビッグデータ

内容紹介
ディープラーニングは、人工知能や機械学習と何が違う?
この技術によって将来、ビジネスはどう変化する?
グーグルのエンジニアらへの取材に基づき、
その技術をやさしく解説するとともに
最新の事例から、将来のビジネスの変化を探る1冊。囲碁のプロ棋士に勝つ、クイズのチャンピオンに勝つ──、人工知能(AI)はこうした特定分野で象徴的な成果を上げてきました。
しかし、最近ではAIが人々の生活や経済活動を改善して、世の中を変えていく可能性を示す実例が次々と出てきました。例えば、米グーグルは、AIを使った「Google翻訳」の精度を大きく改善し、長年「実用的ではない」と言われてきた機械翻訳を日常
生活では十分実用的なレベルへと引き上げました。また、同社はデータセンターにおけるサーバーなどの冷却電力を40%も削減しました
これもAIを活用して空調や窓の調節・開閉など約120の要素を制御し最適化した成果です。大手IT企業は次々と画像認識、音声認識、
翻訳といったAI機能を安価に提供し始めており、いわば「蛇口をひねればAIがすぐ使える」時代が間もなく到来します。このAIの進化をけん引するのが、脳の神経回路が仕組みの原点にある「ディープラーニング」という技術です。本書では、グーグル
のエンジニアらへの取材に基づき、このディープラーニング技術をやさしく解説。また、将来のビジネスがどう変わるのか、グーグルの
サービスや日本企業の取り組み事例から探るとともに、その未来の姿に迫ります。<主な内容>
序 章 ディープラーニングがすべてのビジネスを変える
第1章 <超入門>人工知能と機械学習とディープラーニングはどう違う?
第2章 <入門>ディープラーニングの仕組み
第3章 <グーグル事例編>グーグルのディープラーニング活用事例
第4章 <企業事例編>ディープラーニングで業務効率化、国内で続々始まる
第5章 <活用フレームワーク編>データ×目的で整理し、活用の展開図を描こう
第6章 <将来展望編>ディープラーニングが課題を解決する未来へ
グーグルクラウド・マシンラーニング・グループ研究責任者のジア・リーさんに聞く

★読書前のaffirmation!
[きっかけ・経緯] ディープラーニングの活用分野を知る。
[目的・質問] 分析の人はどんどん増えてくるでしょうけど、この分野にディープラーニングが適応できるということに気づけるか、気づけないか、そこがポイントだと思っているのですが、それについてどういった見解なのかを知りたいと思っています。
[分類] 007.1:情報理論, 数字(情報科学)

 

Continue reading “グーグルに学ぶディープラーニング” »

世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか

世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか

世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか
著者ピョートル・フェリークス・グジバチ

内容紹介
世界一速く仕事をする彼らの仕事術なぜ、仕事が終わらないのか。
そして、なぜ、その終わらない状態が続くのか。
これは、そんなあなたの悩みを根本的に解決する本です。
●世界より速く仕事をする人たちは何をしているのか
「仕事が終わらない」「仕事が思うように進まない」――。
Googleでの「速さ」を実現する方法は、実は単なる「仕事術」「効率」にだけあるのではありません。1分1秒を削るノウハウを知っても、「仕事が終わらない」状況はそう簡単には変わりません。
本書では、
・今その場で仕事を終わらせる仕組み
・無駄に悩まない仕組み
・非効率な会議やメールを、仕事を速く進める会議・メールにする方法
・疲れないための「マインド」のつくり方
など、実際に著者が行っている仕事術を紹介します。

●最大の効率化は、自分の仕事をなくすこと
AIやITに仕事がとられるという論調は多いですが、著者は、「2020年までに自分の仕事を自ら壊すことが大事」と言います。IT化、AI化されてしまうと怯えるよりも、自分から仕事をIT化することで、新しい波に乗り、そのための自分の時間をつくる。最先端の仕事の技術を紹介します。

★読書前のaffirmation!
[きっかけ・経緯] まぁ、気になるタイトルで・・・まずはそこからでしたが、読み始めるとどこかで読んだような内容で、よく見ると、先日読んだ、「0秒リーダーシップ」の著者だということが分かりました。
[目的・質問] まさ「なぜメールを使わないのか」ということが本当か・・・ということ。
[分類] 336.2:合理化.生産性.能率, 生産性(経営管理)

Continue reading “世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか” »

「経営の定石」の失敗学 傾く企業の驚くべき共通点

「経営の定石」の失敗学 傾く企業の驚くべき共通点

「経営の定石」の失敗学 傾く企業の驚くべき共通点
著者:小林 忍

内容紹介
◎日本企業には意外な失敗パターンがある!
企業再生コンサルタントとして、著者は、経営危機に陥った日本企業を、内側から見てきました。
長年の経験から、危機にある企業の「意外な共通点」が見えてきたと言います。

共通点1:圧倒的な成功を収めた時期がある。
共通点2:「定石」と言われるセオリーを経営に取り入れている。
共通点3:落とし穴(=失敗パターン)にはまり、業績を落とした。

失敗の原因が「経営の定石」にあったことが表に出ることは、まずありません。
そこで、本書では、著者が実際に見た企業の失敗事例を「架空の会社」として例示し、徹底検証すると同時に、失敗の予防法と対処法を明らかにします。

◎危険な10の「経営の定石」とは…?
著者が見た企業は、10の定石のどれか(もしくは複数)に熱心に取り組んでいました。
1 経営コックピット
2 俊敏な経営
3 リーダーシップ
4 ワイガヤ
5 現場主義
6 コミットメント経営
7 モチベーション経営
8 選択と集中
9 ポートフォリオ経営
10 花形製品

本書では、それぞれが「なぜ、どのように、失敗につながるのか」「どう予防し、どう対処すべきか」を掘り下げていきます。

◎現場リーダー、ミドルマネジメントから経営者まで
失敗パターンは、組織によって生み出されるものです。
経営者が失敗パターンを心得る必要があると同時に、本部スタッフから現場社員までが、それぞれ心得ておくべきことがあります。
華麗な成功事例から学ぶだけでなく、過去の失敗を知り、自社がそれを繰り返さないようにすることは、現場から経営者まで、全員が取り組むべきことです。

 

 

★読書前のaffirmation!
[きっかけ・経緯] おそらくそのまま経営理論を実際の経営に適応してもうまくいきませんよ・・・という話だと想像しながら、、、
[目的・質問] ひっくり返すと、「失敗の定石」ということもできるのだろうか?
[分類] 336:経営管理

Continue reading “「経営の定石」の失敗学 傾く企業の驚くべき共通点” »

ビジネスデザインと経営学

ビジネスデザインと経営学

ビジネスデザインと経営学
著者:立教大学大学院ビジネスデザイン研究科

内容紹介
豊かさを創造するビジネスデザインとは
日本経済の再離陸のために,立教ビジネススクール15年間の実践を紹介!

★読書前のaffirmation!
[きっかけ・経緯] 私が通っているビジネス大学院と違い、他の大学院はどんなアドミッションポリシー・カリキュラムポリシー・ディプロマポリシーのもとに教育されていて、どんなコンテンツなのか触れることができればと思いました。
[目的・質問] 立教大学のMBAとは?ビジネスデザインとは?
[分類] 336.1:経営政策.経営計画

Continue reading “ビジネスデザインと経営学” »

Anacondaの導入とOrangeも追加!

先日、LENOVOを手に入れて、メモリやSDDを拡張したことをご報告しましたが、データマイニングのマシンとしても活用するため、PythonのディストリビューションであるAnacondaをインストールしました。

そして、あわせてデータマイニングのツールであるOrangeについても追加しました。

orange datamining に対する画像結果

Orangeの追加については、下記のように実施します。

Continue reading “Anacondaの導入とOrangeも追加!” »

経済を見る眼

経済を見る眼

経済を見る眼
著者:伊丹 敬之

内容紹介
経営学第一人者が書き下ろした
実践的な経済入門書

本書では、難しい数式は一切出てきません。
「経済を見る眼」を養うための入門書です。

人間の行動やその動機、また多くの人間の間の相互作用を考えることを重視し、人間臭い「経済を見る眼」を提示しています。
著者・伊丹敬之氏は「経済学とは人間の学問である」と述べています。
加えて、「経営の営みは一種の経済現象である」とも述べています。

「原油安でなぜ景気が悪くなるのか」「なぜ機関投機家が企業に過剰な影響力を持つのか」「生産性が低い『おもてなし』サービス産業は発展するのか」など、ビジネスの現場で遭遇する疑問に答えつつ、実践的な経済の考え方や見方を解説しています。

内容(「BOOK」データベースより)
経済学とは人間の学問である。本書では、難しい数式は一切出てこない。経済を見る眼を養うためのもっとも素朴なポイントは、人間の行動やその動機、また多くの人間の間の相互作用を考えることである。人間臭い「経済を見る眼」を提示する。経営学の第一人者が書き下ろした、実践的な経済入門書。

★読書前のaffirmation!
[きっかけ・経緯] 伊丹先生の本ということで。
[目的・質問] 経営的視点での「経済」の勘所を学ぶ。
[分類] 331:経済学・経済思想

 

Continue reading “経済を見る眼” »

歴史の大局を見渡す

歴史の大局を見渡す ──人類の遺産の創造とその記録 (フェニックスシリーズ)

歴史の大局を見渡す
──人類の遺産の創造とその記録 (フェニックスシリーズ)
著者:ウィル・デュラント,アリエル・デュラント,
Will Durant,Ariel Durant

内容紹介
ピューリッツァー賞受賞の思想家2人が贈る、珠玉のエッセイ集。

著者たちの名声を確固たるものにした超大作“The Story of Civilization”(文明の話)のあと、その既刊10巻のエッセンスを抽出して分析し、歴史から学べるレッスンという形でまとめたものが本書である。

結果として、文化や文明の発展、人間性の洞察、モラルと宗教、国家の行動、人類の進歩の方向性などを概説する書となった。彼らはライフワークを完成させるため、歴史についての思索を重ね、戦争や征服や創造を通して人類が歩んできた長い道のりの意味を探し求めた。

そして、読者にも自分たちの時代を理解することができるよう、壮大なテーマを与えてくれているのである。筆者たちの探求の旅の一端を本書で共有することは、大いに心おどる知的な冒険となるだろう。

13のエッセイを通して、人類の過去の体験を概観し、今を生きるヒントを得られる、秀逸な歴史書である。

内容(「BOOK」データベースより)
人間の性質、国家の行動について考えるうえで有用と思われる出来事や論評を13のエッセイにまとめた。新事実を知るのではなく、人類の過去の体験を概観して欲しい。

★読書前のaffirmation!
[きっかけ・経緯] ちょうど、歴史の大局を見渡したいと思っていたため。
[目的・質問] まさに、歴史の大局を見渡すこと。
[分類] 204:論文集. 評論集. 講演集

 

Continue reading “歴史の大局を見渡す” »

0秒リーダーシップ

0秒リーダーシップ

0秒リーダーシップ
著者:ピョートル・フェリークス・グジバチ

内容紹介
グーグル(現Alphabet社)やモルガン・スタンレー等にて、長年、人材開発やリーダーシップに携わってきた著者が、グローバル化の進む日本のビジネスパーソンに向けて語る「新しい働き方」とは? 行動力、発想力、学習力、集中力、問題解決力等、未来に向けてもっとアクティブにイノベーティブに働くためのヒントがぎっしり詰まった1冊。内容(「BOOK」データベースより)
最速でグローバル基準で活躍するマインドセットを身につける。グーグル、モルガン・スタンレーで人材開発を務めてきた、日本在住16年の著者が初めて語る。未来に向けてもっとアクティブにイノベーティブに働くための本。

★読書前のaffirmation!
[きっかけ・経緯] 0秒リーダーシップ???
[目的・質問] 「0秒リーダーシップ」とは??・・・を知る。
[分類] 336.3:経営組織.管理組織

Continue reading “0秒リーダーシップ” »

生産性―マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの

生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの

生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの
著者:伊賀 泰代

内容紹介
いまの「働き方改革」において、最も重視されるべきは生産性である。
かつて日本企業は生産現場での高い生産性を誇ったが、ホワイトカラーの生産性が圧倒的に低く世界から取り残された原因となっている。
生産性はイノベーションの源泉でもあり、画期的なビジネスモデルを生み出すカギなのだ。
本書では、マッキンゼーの元人材育成マネージャーが、いかに組織と人材の生産性を上げるかを紹介する。
内容(「BOOK」データベースより)
「成長するとは、生産性が上がること」元マッキンゼーの人材育成マネジャーが明かす生産性の上げ方。『採用基準』から4年。いま「働き方改革」で最も重視すべきものを問う。著者について
兵庫県出身。一橋大学法学部を卒業後、日興證券引受本部(当時)を経て、カリフォルニア大学バークレー校ハース・スクール・オブ・ビジネスにてMBAを取得。1993年から2010年末までマッキンゼー・アンド・カンパニー、ジャパンにて、コンサルタント(アソシエイト、エンゲージメント・マネージャー)、および、人材育成、採用マネージャーを務める。2011年より独立。著書に『採用基準』(2012年、ダイヤモンド社)がある。

★読書前のaffirmation!
[きっかけ・経緯] マッキンゼーが求める組織と人材・・・どこまで一般企業に適応できるか、興味あります。
[目的・質問] マッキンゼーが求める人材とは?
[分類] 336.2:合理化.生産性.能率, 能率(経営管理)

 

Continue reading “生産性―マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの” »