歴史と統計学

歴史と統計学 人・時代・思想

著者:竹内 啓

長編です。しっかりと心して読む必要がある作品です。(Inobe.Shion)

File:PIA21425 - TRAPPIST-1 Statistics Table.jpg

 

内容紹介

【本書の目次】
1 歴史のなかの統計学
2 中国の人口統計の長い歴史――2000年の軌跡
3 中国の人口統計の長い歴史――現代
4 古代帝国の時代・ローマのセンサス
5 中世・統計の空白
6 ヨーロッパ近代と統計学の誕生
7 統計学以前の統計学(1)政治算術
8 統計学以前の統計学(2)人口統計学の始まり
9 統計学以前の統計学(3)国情論の盛衰
10 確率論の誕生
11 「確率」の概念と確からしさ
12 測定誤差の処理
13 古典確率論の完成(上)
14 古典確率論の完成(下)
15 古典確率論の数学
16 18世紀の世界と人口
17 19世紀、資本主義と帝国主義の時代――統計学の成立
18 統計学の成立
19 ケトレーの遺産
20 ケトレー以後の統計学――ドイツ社会統計学
21 ドイツ社会統計学の盛衰
22 ダーウィンの衝撃
23 カール・ピアソンと記述統計学
24 19世紀から20世紀へ
25 R.A.フィッシャーの登場
26 フィッシャーの統計的方法
27 フィッシャーの統計数学
28 ネイマン・ピアソン理論
29 記述統計学
30 激動の20世紀
31 統計的品質管理法の形成
32 確率の概念をめぐって
33 確率論の数学モデル
34 数理科学の発展
35 統計的決定関数理論
36 フィッシャーの統計的推測理論
37 指数論の展開
38 マクロ経済計算の発達
39 第二次世界大戦後の世界――冷戦
40 第2次世界大戦後の統計学の潮流
41 ベイズ統計学の復活
42 ベイズ統計学の展開
43 統計的モデルの問題
44 モデル選択の方法
45 情報技術の発達と統計学
46 21世紀の世界
47 数理統計学の再検討
48 「地球算術」のすすめ

内容(「BOOK」データベースより)

古代中国から始まる統計の歴史と様々な統計理論の興亡を、論争、人間模様などのエピソードも交えて統計学の第一人者が興味深く解説。

Continue reading “歴史と統計学” »

「地球外生命体」が居るかもしれない惑星の数って?

「地球外生命体」が居るかもしれない惑星の数ってご存知ですか?

それについて詳しく書かれている記事を拝見しましたので、共有いたします。

「extraterrestrial life」の画像検索結果

そもそも地球外生命なんですが、

地球外生命(ちきゅうがいせいめい、英語: extraterrestrial life / alien life、略称:ET)とは、地球大気圏の外の生命の総称である。

ということのようです。

Continue reading “「地球外生命体」が居るかもしれない惑星の数って?” »

人からの頼みをうまく断る6つの方法

これまた日本人気質的に難易度の高い話ですが、何からの形で皆さんのモノの見方も少し変わると、新しい世界が待っているはずです。

そのためにはこんなことに注意しないといけません。
ここで会ったが百年目と言いますが、準備はよろしいでしょうか?

Continue reading “人からの頼みをうまく断る6つの方法” »

時間を無駄にしている7つの要素とは?

ホントに、耳の痛い話ですが、素直にこれを聞けるか聞けないかはすごく大事な気がします。

ということで、自分がどこで、いつ時間を無駄にしているのかわからない場合は、次に挙げる7つのよくある原因を考えてみよう。

Continue reading “時間を無駄にしている7つの要素とは?” »

2018年に需要の多いプログラミング言語トップ10は !?

2018年に需要の多いプログラミング言語・・・、「需要の多い」というのは、「雇用主からの需要が最も多かったプログラミング言語」つまり求人情報への掲載を指標として評価されたリストになります。

「プログラム言語」の画像検索結果

これは面白いですね。

さて、どんな順位になっているでしょうか?

Continue reading “2018年に需要の多いプログラミング言語トップ10は !?” »

アパレル苦戦の事情

ファーストリテイリングは売上・営業利益ともに好調の状況のようですが、これまで元気と言われていたアダストリアやストライプインターナショナルも厳しい状況に陥っているようです。

「アパレル」の画像検索結果

■ファーストリテイリング 今期業績予想
連結業績予想(2018年7月12日現在) 単位:百万円

  2017年8月期
通期実績
2018年8月期
通期予想
通期予想
YoY (%)
売上収益 1,861,917 2,110,000 +13.3%
営業利益 176,414 225,000 +27.5%
EBITDA 216,102 271,300 +25.5%
親会社の所有者に帰属する当期利益 119,280 130,000 +9.0%
期末店舗数(店) 3,294 3,467 +173

※2014年8月期より国際会計基準(IFRS)を適用。
※EBITDA=営業利益+減価償却費
※期末店舗数にはフランチャイズ店を含む。(ミーナ事業、グラミンユニクロ事業は含まず。)

他の追随を許さない一人勝ち状態です。

そんな状況を分析記事が東洋経済にありましたが、もっと現実は厳しいように感じます。

Continue reading “アパレル苦戦の事情” »

非常に大事であるのに過小評価されているスキル

勉強にある記事を見つけましたので共有させていただきます。

「アクティブ・リスニング」積極的傾聴という感じだと思うのですが、それについての記事です。いくつか付け加えたいところもありますが、この流れをしっかりと身に付けておきましょう。

「listening」の画像検索結果

Continue reading “非常に大事であるのに過小評価されているスキル” »